コーヒー

本格コーヒーを職場で

手軽にコーヒーが楽しめるオフィスコーヒーは最近人気で、コーヒー一杯あたり15円〜20円前後の値段で楽しめます。マシンの導入費用がかからないことも多く、イニシャルコストはメンテナンス費用だけの場合もあるため、気軽に導入できる福利厚生としても人気があるのです。

詳しく見る

レディ

本格的な味を楽しめる

オフィスコーヒーを利用している職場が今増えています。簡単に本格的なコーヒーを職場で味わえるようになって嬉しいという声は多いです。ブラックやカフェラテと種類が豊富なのが嬉しいです機械は業者に連絡をした後打ち合わせをするだけですぐに届きます。

詳しく見る

コーヒー

社内にコーヒーマシン

オフィスコーヒーサービスでは、飲料メーカーからマシンを無料レンタルでき、メンテナンスやアフターフォローも無料です。有料の場合も安心できるサービスが付属します。コーヒーは有料です。マシンによりコーヒーの淹れ方は異なります。オフィスコーヒーの導入は、気分転換や社員のコミュニケーションに役立ちます。

詳しく見る

オフィス

従業員に喜ばれる福利厚生

オフィスコーヒーの導入により、低コストでの福利厚生の充実が図れ、働きやすい職場の整備が期待できます。リフレッシュタイムによる作業効率アップや、従業員どうしの円滑なコミュニケーションを促進でき、飲料代の抑制もサポートできます。

詳しく見る

コーヒー

気軽に導入できる福利厚生

オフィスコーヒーは気軽に導入しやすい福利厚生の1つとなり、従業員に快適なリフレッシュアイテムを与え、作業効率の向上や生産性アップに繋げることが期待できます。コミュニケーションの向上や部署を超えた連携力アップも期待できるうえ、低コストで手間も抑えられる福利厚生となります。

詳しく見る

仕事の息抜きにはコレ

社内

疲れた体と心に癒しを

オフィスで気分転換するのは簡単ではありません、周囲の目もありますし、一人になれるスペースも少ないため、息抜きができないという人も少なくありません。しかし最近は例え職場であっても社員にはゆっくりくつろいでほしい、と考える経営者も多く、カフェスペースを設けたり、仮眠室を用意するところもあります。ちなみにこうした休息は心身共に良い影響を与えるといわれており、業務効率が改善したり、ストレス値が減ったというデータもあるほどです。社員のために導入するといっても、高い金額が必要になるものや維持費がかかるものはなかなか難しいでしょう。そこでオフィスコーヒーを導入する会社が増えているのです。オフィスコーヒーはオフィスにコーヒーメーカーやサーバーなどを設置し、好きなタイミングで何種類かのドリンクを楽しめる機械及びサービスのひとつ。専門業者に依頼すると、マシンの設置はもちろんのこと、定期的なメンテナンスやドリンクの補充、要望に答えてラインナップを変えるといったサービス設けられます。会社で購入したり用意するとなると種類も限られますし、たいていは常温での保管となるでしょう。しかしオフィスコーヒーの専門機械であれば保冷・保温効果があるため、季節に合った温度の飲みものが用意できますし、多様な種類のドリンクが楽しめます。自分達で用意するよりも手軽、メンテナンスも不要なオフィスコーヒーだからこそ、こぞって導入する企業が増えているのかもしれません。