従業員に喜ばれる福利厚生

オフィス

仕事のリフレッシュに最適

近年、働きやすい環境づくりの重要性が叫ばれており、仕事のオンタイムとオフタイムのメリハリ作りや労働時間の抑制などに加えて、快適に働ける職場環境の整備が求められています。作業効率を高め、働き過ぎを防ぐためにも適切な休憩時間の確保や、仕事の合間にリフレッシュしやすい環境づくりも大切です。その1つの対策として注目されているのが、オフィスコーヒーの導入です。企業や事務所の規模を問わず導入がしやすいとともに、企業の予算や経費の側面からも設置がしやすいのが魅力です。オフィスコーヒーは比較的低コストで導入ができ、ランニングコストもコーヒー代やわずかな光熱費などで済むので、福利厚生の導入や運営コストとしては予算的に抑えられるので、働きやすい環境づくりのために福利厚生を整えたいけれど、経費を抑えたい企業にも安心です。働きやすい職場の1つの条件として給与額のアップも期待されるところですが、給与を上げると社会保険料の負担も重くなるなど、経費的になかなか難しいケースもあるかもしれません。この点、オフィスコーヒーの導入により、従業員の飲料代を抑えることに繋がります。コンビニやコーヒーショップでコーヒーなどの飲み物を買えば、1回100円から500円程度はかかり、人によっては1日1000円近い費用を費やしている方もいます。オフィスコーヒーの導入でおこづかいを抑えることができ、従業員の生活費の削減をサポートできます。オフィスでお互いにコーヒーを飲みながら、コミュニケーションも図れるので職場の雰囲気の向上にも繋がります。