気軽に導入できる福利厚生

コーヒー

手間をかけず生産性も向上

オフィスコーヒーの導入は従業員の福利厚生の一環として位置付けることができ、給与を上げるのが難しくても、その代わりに日々の飲料代をサポートするとともに、リフレッシュに最適なコーヒーで作業効率アップが図れ、オフィス全体の生産性も向上させることも期待できます。オフィスコーヒーの設備の周りに従業員が自然と集まって、部門や部署、世代を超えた交流が深まるなど、オフィスにおける垣根が取り払われ、仕事で必要となる連携がしやすくなったり、思わぬ仕事のアイディアが生まれたり、新しい企画や事業を生み出す場や機会に繋がることもあります。子育て支援策や休暇制度などの制度を導入するのに比べて、気軽に導入しやすい福利厚生であり、導入までの手間や時間も少なくて済み、初期費用やランニングコストも比較的安いのも企業にとっての魅力です。コーヒーだけでなく、紅茶や日本茶、ココアなどが供給できるマシンもあるので、飲み物の好みが違う方も広く多くの従業員が恩恵を受けられる、気軽で嬉しい福利厚生となります。オフィスコーヒーを提供するマシンなどのお手入れも簡単にできるものが多く、総務部や担当部署の従業員の負担が大きく増える心配もありません。導入するオフィスコーヒーによっては、業者が定期的なメンテナンスなどをしてくれるサービス付きのものもあるので、業務で忙しい、人手が足りないといった企業の場合は便利なサービス付きのものを選ぶといいでしょう。