社内にコーヒーマシン

コーヒー

導入のメリット

オフィスコーヒーのサービスは、飲料メーカーからマシンをレンタルすることで受けられます。マシンを購入することもできますが、レンタル料や設置料は、多くのメーカーで無料です。また、メンテナンスやアフターフォローも無料の場合が多いです。メンテナンスが有料の場合は、毎日1度は点検を行ってくれるなど、衛生面において安心できるサービスが提供されていることでしょう。費用がかかってくるのは、コーヒーです。多くのメーカーでは、詰替え用のコーヒーを定期的に購入するプランが用意されているはずです。オフィスコーヒーには、豆から挽くタイプ、ドリップするタイプ、粉を溶かすタイプなど様々なタイプがあります。また、マシンのタイプも異なります。一杯抽出型は、一杯分のコーヒーを抽出してくれるタイプです。その場で焙煎、ドリップをして、本格的なコーヒーを楽しめるのです。ブリューワー型は、複数杯分のコーヒーを抽出するタイプです。ガラス容器に作り置きをして、それぞれが飲みたい時に注げます。オフィスコーヒーを導入することで、仕事中にも気分転換ができることでしょう。休憩中にも利用しやすいはずです。また、コーヒーの香りには集中力を高める効果もあります。仕事中にコーヒーを飲むことで、業務が捗るかもしれません。さらに、オフィスコーヒーを導入したことで、社内のコミュニケーションが円滑になるというメリットも期待できます。社員が一緒にコーヒーを飲むことで、会話もはずむことでしょう。